地域文化産業研究会 入会資格内規

2019 年(平成31 年)4 月 25日 施行

第1条(目的) 本内規は,研究会員にふさわしい品位と知見,学究の意欲を有する会員によって,研究会としての正常な運営を実現し,本研究会の権威を向上させることを目的とするものである。

第2条(入会資格) 前条の目的達成のため本内規は次のように定める。

本研究会への入会資格は次の各号のいずれかに該当する者で,会長が適格と認めた者であること。

① 博士の学位を有する者。

② 地域活性化に関する実務経験(街づくり事業、地場産業活性化事業、業界活性化事業など)が豊富な者。

③ 企業経営に関する実務経験(管理職・役員など)が豊富な者。あるいは,弁護士,公認会計士,税理士,中小企業診断士等で経営に関連する国家資格を有する者。

④ 大学やその他の研究機関,高等教育機関,高等学校や中学校の教育の職にあり,研究教育歴を有する者。

⑤ 上記①から④までのほか,本研究会が求める能力を有する者。

第3条(会員) 前条に該当する入会希望者について,地域文化産業研究会会則第5条にしたがって入会を許可する。

第4条(改訂) この内規の改訂は会長が行う。

以 上