地域文化産業研究会 温故知新同好会 内規

2019 年(平成31 年)4 月 25日 施行

第1条(目的) 本内規は、地域文化産業研究会における温故知新同好会の設置・運営を定めるものである。温故知新同好会は、地域文化産業研究会が定める一定のテーマに賛同したもので構成され、 地域の文化や産業、逸品を発掘し、その情報広く社会に発信する。

第2条(設置・運営) 温故知新同好会は、その活動拠点から半径10km程度の地理的範囲において、その地域独自の文化や風習、地場産業、逸品などを発掘する活動を行う。

第3条(会員) 地域文化産業研究会の会員が、1名以上に含まれており、温故知新同好会の運営にあたる。会員資格は、学生のサークル活動、地域でのコミュニティ活動など、複数名の有志である。

第4条(ブランド認定) 温故知新同好会で発見された地域文化産業の商品の中で、特に優れた逸品に対しては、地域文化産業研究会ブランド認定商品として社会に情報を発信する。

第5 条(必要経費) 温故知新同好会運営に必要な経費は、参加会員の負担とする。ただし、その一部を地域文化産業研究会事務局が負担する。

第6条(改訂) この内規の改訂は会長が行う。

以上