焼津の「さばチキン」

614日に焼津市のまんさいかんにさばチキンを買いに行ってきました。

出所:2019.06.14.筆者撮影

さばチキンとは、焼津市の小川漁業協同組合が、焼津ではカツオやマグロだけじゃなくてサバも獲れることや、小川は「おがわ」ではなく「こがわ」と正しく読んでもらいたいという願いから生み出した商品です。

特徴としては、小川港で収獲されたマサバを、駿河湾深層水で一晩漬けてしっとりさせてから蒸しています。骨も丁寧に取り除いてあるので、魚の調理の煩わしさを抜きに手軽に食べることができます。

 

まず、冷凍されているので解凍してから食べてみました。

出所:2019.06.14.筆者撮影

 

ほんのりとした塩味で、臭みもなくて、本当に骨が一本も無くてそのまま皮ごとぺろりといけてしまいました。2つ買ったのですが1つはそのまま食べて、2つ目は熱々のご飯と一緒に食べました。ついついご飯が何杯も進んでしまいそうです。

1400円と一見少々高いですが、手軽に食べることができ、何より小骨が全くないということを考えれば決して割高ではないかなと思います。

2019621日 静岡福祉大学4年 紅林慶太)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です